国道53号グレードアップ委員会 > 国道53号の歴史 > 鶴山城と城下町
津山往来の北の基点である津山は、美作藩・森氏の城下町として発展しました。 森氏が築城した津山城は現在石垣を残すだけですが、城跡は鶴山公園として整備され、 市民や観光客の憩いの場となっています。また古くより出雲と大和を結ぶ出雲街道の要所として栄え、 現在も宿場町の風情を漂わせる町並みが残っています。
衆楽園、武家屋敷跡、出雲街道沿いの町家など、 市内に点在する数々の名所が往時の繁栄を物語っています。

backhome
国道53号グレードアップ委員会 > 国道53号の歴史 > 鶴山城と城下町